So-net無料ブログ作成

さようならからはじまる [現代詩]

さよなら夕日ⅱ.jpg
さようならからはじまる

別れをどちらから切り出したか
今はもう覚えていない

あらがうことはやめ
時間の経過を
辛抱強く待ち

ようやく
さようならが聞こえてくる

似たような出会いが
また繰り返されることは
目に見えている

しみじみと泣き笑い怒り
やがて
自由の切符を手に入れたお互いに

「さようなら」

はじまりの足音を鳴らす











※まるで、人と人の別れみたいだけれど、私と菌との別れのうた。きつかった、傷ついた心みたいに。
※1/14はべっぴんさんのイベント会へ。高良くんに会えたのがうれしかった。そしておみやげも!雪を蹴飛ばし全国から来られてて、すごい!1月29日に放映されます。

べっぴんさんタオル.jpg


コメント(2) 
共通テーマ:

コメント 2

ひろりんご

インフルエンザから帰還、おつかれさま! きつい時間の後で、こんな愛すべき詩が書けることにBravoです。ちょうど「人との別れ」について振り返ることがあったりして、しみじみ心に響きました。
by ひろりんご (2017-01-14 09:43) 

兎座

ひろりんごさま、コメントありがとう!書いてよかった、むくわれます。
「人との別れ」気になる。

by 兎座 (2017-01-14 18:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このブログに掲載している詩・絵・写真の無断転用・使用を禁止いたします