So-net無料ブログ作成

あめあめ [浮遊詩]

みずいろ.jpg
あめあめ

あめあめ
ほろりん
つぶやくあめ

あめあめ
はらりん
かたるあめ

あめあめ
はらはら
はじけて
にぎやか

はらほろりん

ほどけてほぐれて
いきてるにおい

みずいろただよう
あしたのにおい





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

ことり [浮遊詩]

千早赤阪のレディバード.jpg
ことり

ことり
と音がした

ピチュピチュ鳴く
ことりでなく
しんと
静まりかえった
ひとりの時しか
聞こえない物音
ことり

きみだったか
小鳥
一足飛びで
床板を鳴らす音
ことり
鳴き声でなく
羽音でもなく
ほそい足音が奏でる
空から床へ降り立つ音色

ことり
ひとりで
なくなった




棚田.jpg






※六月の日曜日、千早赤阪村の棚田へ。緑がいきいきとしていました。                      ※先週、周防監督のエキストラへ行って来ました。ことりのようにかわいい、あったかな方です。              ※最近読んだ本:プラチナデータ 東野圭吾 幻冬舎文庫 
nice!(18)  コメント(1) 
共通テーマ:

魔法の杖 [浮遊詩]

イルミネーション.jpg
魔法の杖

いなくなった小鳥は
心の片隅に尾を引く
あの小鳥はどうしたろう

記憶に寄っかかりながら
頬杖は自然と
時をゆるやかにする魔法の杖

誰もが持つ形のない魔力を
心の隅に立てかけ
頬杖が自然に連れてくるとき
記憶が語りはじめる

いなくなった小鳥はもはや
物語の中に存在する





※最近読んだ本:残り全部バケーション 伊坂幸太郎 集英社 ・楽しかった、考えさせられた、笑えた、面白かった!
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

ブールドネージュの風 [浮遊詩]

公園の椅子.jpg
ブールドネージュの風

ブールドネージュは
白い雪玉の形をした菓子
微風に揺れる綿ぼうし
風に舞うスカートのように
甘くふわんとしている
ふくらんだほおからさっくり
口の中で溶けてゆく

浮かんでしまうかも
と、ほんの少し浮いていた
白い雪がほんとうに
降ってきたから

ブールドネージュは
ときどき
口にほおりこみたくなる雪

風になりたいとき
空になりたいとき

白い夢になりたいときに


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:

 [浮遊詩]

空と観覧車.jpg


複雑なからくりが詰まった
三角の箱には
森も畑も農場も入っている
からくりの正体は
三角の野菜のキッシュだ
焼きたての湯気に癒され
食物から心身が形作られていく

お腹が満たされると
時の流れの中
ほんわり
記憶時計の奥へ入っていた
ゼンマイもネジも歯車も
回りまわって
過去現在未来を動かし続けている
続けることが何よりも大事
記憶の箱がふくらむ

移り変わる
日々に彩りを添え
四角張った顔など忘れて
丸いふっくらした笑顔を

びっくり箱から
そら、飛び出した!










※宮澤賢治のグスコーブドリの伝記が、ますむらひろし猫で7/7アニメ映画に!楽しみだにゃーん。
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:

妖精 [浮遊詩]

大阪城梅林.jpg
妖精

透明な歌声を耳にすると
妖精がふわっと
音楽の中から生まれた感覚

無意識のうちに
妖精を見ている
開かれた扉
幼少期のしっぽを
まだ忘れずにいる

青い霧の向こう
透明のかなたに
夢見心地が浮かんでいる

音楽を通して
記憶が研ぎ澄まされてゆく






城の猫.jpg
※大阪城の梅林へ、写真を撮りにいきました。人なつっこい猫ちゃんがいて、なでなでしてきました。
nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:

足音を鳴らして [浮遊詩]

赤い廊下.jpg
足音を鳴らして

ファンタジーが
足音を鳴らしてやって来る

部屋にも引き出しの中にも
開けて入って来る
透明な感覚
小びとの姿
浮かぶ呪文
記憶に繋がる伝説
黄金のゆりかご

異次元は
背中合わせの地図
鏡の中の鏡
時に双子のように
瞳の裏に魔法

不思議をふしぎと思わず
自然に受け入れ
苦しみを通り越し
現の密やかな救世主

ファンタジーが
足音を鳴らしてやって来る





※三重二見の賓日館の雛人形は、凄い数で圧倒されました。いろんなお顔が見れて、楽しかった。季節の行事はいいものですね。
賓日館のお雛様.jpg
タグ:おひなさま
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

白鳥 [浮遊詩]

鳥はにわ.jpg
白鳥

雪山の上に
白鳥の形の雲
湖を泳ぐように
すーっと浮いている

まつげの上に雪が舞い降り
ほぉっと白い息
ふわふわ雪空のかなたへ
冷たい風に吹かれて凍る
凍った白息は冷たい氷菓
白鳥雲がくちばしでつつく

白い雪の幕が上がり
光りはじめた雪山の頂上
白いチュチュをふるわせ
最後の粉雪を散らして舞う

白鳥雲の羽ばたき




※最近見た映画: ヒューゴの不思議な発明 ・近代パリの空の下、ファンタジーがねじを巻く。素敵な夢の世界でした。                                                    ※今城塚古墳へ行って来ました。はにわの行列!古代の古墳の上!晴れた日は、うきうきピクニックになります。
埴輪の行列.jpg
nice!(40)  コメント(4) 
共通テーマ:

渡り鳥 [浮遊詩]

ゆりさんアップ.jpg
渡り鳥

キィーキー渡り鳥
カメラを構えた指を
パチン!とついばんだ
痛っ!と言っても
本当はちっとも痛くなかった
びっくりしただけ
驚くと声が出るのだ

ヒッチコック映画の鳥のように
頭上に羽根を広げ群がる鳥は
ちょっと恐く感じる光景だった
まるで映画の中にいる

車へ戻ると
1羽が車の上に乗っていた
―連れて帰るよっ
声を出すと
バサバサッ!遠のいて行った
飼われるのは嫌らしい

野生に出っくわすと
なごみが降りて来て
物語も自然に降り立ち
誰かをなごませたいと思うのだ

野生のなかの一員として



※今日、朝日放送ラジオで、昔書いたJOMO童話、月とホタルが朗読されてる!と、ゆきねこさんより連絡もらいました。今でもラジオで流してもらえるなんて、幸せです。前もって局から連絡下さると、もっとうれしいです。(朗読は清水ミチコさん!)飛ぶゆりさん.jpg
nice!(39)  コメント(4) 
共通テーマ:

水温 [浮遊詩]

ゆりかもさんたち.jpg
水温

兎年最後の日
ちっちゃくて真っ直ぐに立つ
ズボンをはいたうさぎが
コップの水を手渡す夢を見た
ーはい
ーありがとう

水はつめたく
渇いた心に沁み透る

花びらの浮かぶ水が
ゆらゆら目に映り
さざ波を見ながら
水音を聴きながら
匂いを嗅ぎながら
水を五感に通して
夢でない夢を奏でる
明日をスタートに

来年の扉が開く




nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:
このブログに掲載している詩・絵・写真の無断転用・使用を禁止いたします